MAIN MENU

戻る

ニュース

「第70回救急放射線画像研究会in東京」で雨海教授が、アメリカ学会誌の編集委員の経験をミニレクチャーしました。

2021.11.18

報告

去る11月17日(水)にZOOMを用いたライブ配信形式で開催された「第70回救急放射線画像研究会in東京」で、本学の雨海教授が、ミニレクチャーで、10年以上アメリカ学会誌の編集委員を担当してきた経験を視聴者の皆様と共有しました。
聴講の対象は放射線医師ですが、発表の内容は全ての医療従事者を対象としたもので、2つのパート(P1、P2)で構成されています。
※P1-研究論文の書き方と投稿方法P2-審査側(査読者)からのポイントです。
この内容は来年度の本学の専門ゼミでも公開する予定です。

発表用スライドはコチラ